棺にコスメ

生きてる限りメイクする

パーソナルカラーを気にするべきか

 

タイトルの件、私はそこそこ気にしています。

パーソナルカラーについては今更説明することまでもないことですが、要は好きな色と似合う色が違うことがあるからねーってことです。

何年か前に受けた私のパーソナルカラー診断ではイエベ春、セカンドが(すこーーしだけらしい)ブルベ夏という結果でした。

やっぱりね、という感じではありました。

 

私の好きな色は、黒、白、濃いグレー、紺。洋服のワードローブはそういうカラー多し。

 

だが、しかし、but,………

 

鮭の生まれ変わりかっつーぐらいコーラルだかサーモンだかのピンクが似合いすぎるんですよぉー!!!

油断するとテキストも勝手に鮭色になる始末。

 

でもって、黒とかグレーとかの服ばっかり好んで着てるけどそんなにそんなに似合ってるわけでもないよね…?

というのを切々と感じ始めたのが30歳ぐらいから…。カラーだけじゃなくてパーソナルのあらゆることを30歳過ぎてから気付いてるような人生なんですけどね。気付きっぱなしです。逆にそれまで気付かなっぱなし。気づかなっぱなしだったことに気付きっぱなし。

 

イエベ春が似合う色の要素は、明度彩度が高い色、キラキラ、ツヤツヤ、シルバーよりゴールド。遮光性が全くない役立たずのカーテンのような色が似合います。

似合わない色は真っ黒真っ白真っ赤真っ青、沈んだ色、くすんだ色。オシャレっぽいモードな色が似合わないです。
メイクで言うと、バーガンディーやカーキはジャンキーっぽさが漂いますしネイビーやシルバーグレーはオカマむき出しになります。

 

この際の似合う似合わないですが、必ずしも似合わない=変ということではないです。

ただし似合うカラーをつけた時のしっくりまとまる感がすごいですけどもどうします?ってことだと思います。

たぶん、私がスモーキーなカーキのアイメイクをしてたら、「んーカーキだね!」って言われると思います。変だねという意味ではないかもしれませんが、肌から浮き上がっている為に目についてる可能性が高いです。

もっとふわっとした「今日なんかいいね」というようなことを言われたり言われなかったりするのが似合うパーソナルカラーを身につけてる時だったりします。

 

パーソナルカラーって年齢と共に顕著に現れてくるみたいです。若い時は比較的何色でも着こなせるしつけこなせるらしいんですね。だから10代20代は純粋に好きなものを選んでも割と大丈夫なんです。それが段々段々ちょっとした違和感が生じ始めます。

あれ、カラーのこと言ってます?人生ですよね?それ人生のこと言ってますよね?

 

幸いというかなんというか、アイメイクはゴールドやブラウンが好きなのでその辺に落ち着いています。

圧倒的に似合わない色はもうほとんど処分したので残っていないんですが、まー時々は挑戦という名の悪あがきをしてしまいますよね。

アディクションのシャンハイブレックファースト。めちゃくちゃ可愛い。手の甲でだけ色を確かめて購入。いざ瞼につけてみたらですね…

 f:id:hitsucos:20160925195153j:image

なにこれ、めっちゃ似合わない(真顔)。アイシャドウの良さが大気圏外まで吹っ飛んでる。今すぐアラスカの川にダイブしたい。

というようなミスを半年に一度ぐらいのペースではしちゃってます。

お互いミスは少ない方がいいっちゃいいので、色物について書く時は同時にいちいち私のパーソナルカラーを書いていこうと思います。

 

パーソナルカラーと向き合うということは自分と向き合うこと他なりません。

特別意識しなくてもうまくやっていける人もたくさんいるのだと思いますが、何かチグハグな感じがして落ち着かない方はパーソナルカラー診断オススメですよ。