棺にコスメ

生きてる限りメイクする

あの日買ったコスメが無くならないことをまだ君たちは知らない

先日、男友達とちょっと化粧品の話になって、「女の人は化粧にお金がかかって大変だよねー。消耗品だから毎月買わないといけないんでしょ?」みたいな非常にピュアなことを言われたんです。

そうなんだよー大変だよーって無難な返答をして話は終わりました。

 

男友達が言ってることはよく分かるし表面上は何も間違ってはないです。

間違ってはいないのだけど、真の悩みはそこではないことをまだ君たちは知らない。

ただそれでいいんです。お互いに全部知ることが良いこととは限らないですから。メイクに関してなんて尚更です。

だから決してその男友達に言いたいわけでも知って欲しいわけでもないんです。なんかもっと広くて深いところ、人類の潜在意識下で一回すり合わせとこっかみたいな衝動が湧いたんですよね。

だから私は、地球真裏のブラジルの人にまで聞かせるどころか、ブラジルの人の胸ぐらをつかんで揺さぶる勢いで心の中ではこう叫んでました。

 

無くならないんだよ!?無くならないから大変なんだよ!?

 

私たちは消耗品が消耗しないことに困惑しています。なぜか消耗するのは財布の中だけ。何かの魔法なのでしょうか。

粉がね、色のついた粉がね、無くならないんですー。まぁ練りもなかなかやりますけど、やっぱ粉優勢ですかね。

f:id:hitsucos:20161008125133j:image

この中のNARSのチークとアディクションのアイシャドウは、私が持っているコスメの中で結構高い頻度で使用しているものなんですが、見てください。3年です、3年使ってくぼんできた程度です。

 

練りはコレとかですね。あーもうムリですね。

f:id:hitsucos:20161008125850j:image

もちろんなかなか無くならないのは基本的には嬉しいことです。コスパがいいということですから。ただコスパが良くて嬉しいものと良すぎて持て余すものがあるんですよ。使用期限ってものがあるんですから。

期限を切られてるのに新しいものが差し迫ってくるわけです。ぷよぷよで言うともう画面いっぱいいっぱいまでぷよってる(SS,AWコスメ)状態、そこに特大おじゃまぷよ(クリスマスコフレ)が降ってくるようもんなんです。

コスメ好きな人の間では、この点は割と共通課題だと思うんですが、顔は本当に1個なのだろうか?ってことです。うまいことやりくりすれば何個かになるんじゃないでしょうか。そうじゃないとこのペースで発売されるわけがない。

もし顔は1個しかないのが事実だとしたら、手持ちのコスメは全然無くならないのに、また買ってどうするんだろう?って我々が一番思ってます。

それは単に需要と供給と消費があってないだけなんですよ。切実に次回の国会の議題にして欲しいと思ってます。

でもってコスメは日進月歩のサイエンスの結晶なんです。海のものとも山のものとも察しがつかない新しい成分をみっけては入れておきましたからってすぐ発表してくるんです。

iPhoneが毎週毎週バージョンアップして発売されるみたいなもんなんです。まだ買ったばっかりのiPhoneがあるんだけど、新しいのが出るんですよ?正直何が違うのかってどうせカメラの性能だけだろって分かりきってますよ。でもデザイナーが変わったんですって。色が限定なんですって。欲しくなるじゃないですか?でも今のiPhoneは買ったばっかりだしまだまだ使えるんですよ。

だからもう棺桶まで持っていく所存で購入してます。最終的に花の代わりにぶっこんでいただければそれで万事オーケーです。

※去年書いた記事です。下書きに眠ってたので解放。あとタイトル元ネタの映画は未見です。

 

 

 

 

 

サヨナラを告げなくちゃ(しがみつきながら)

皆さん、もうきますね。あえて言いませんけど、もう例のやつが。

コスメの棚卸しと大掃除は進んでますかー?

年末だけじゃなくて、一年中掃除しているのに一向に片付かない。なんでだろう?私は空中を掃除しているんだろうか。不思議。

さて、整理する中で今年いっぱいでオサラバ候補のコスメがいくつかありまして。

f:id:hitsucos:20171114204905j:image

って。。。

いやだーーーーー!!

絶対いや!!

ゴミ収集車を裸足で追いかける自分が見える。

嫌なんですけど。どうしよう。

なぜオサラバをしなきゃいけないかというと、単純に「古い」という理由なんですが、別に使用感がおかしいわけでも香りがヤバイわけでもないんですよ。やっぱり防腐剤バリバリのケミカルコスメはこういう時頼りになるぅ。

もともと使用期限なんて無視だし、粉物に関しては次の砂かけ婆の座を狙ってますから一生捨てる気ないんですけど、液体系だとさすがの私も2年以上経っちゃうと日和ってしまうんですよねぇ。

携帯電話の料金は国からの見直し要請がちょいちょいあるじゃないですか。次の国が入れるべきメスはコスメ界だと思うんですよね。量を、量を見直してほしい。

www.hitsugicosme.com

NARSのイルミネーターは夏にほぼ毎日使ってたんですけど、ちぃともそのお姿に変化がない。

アディクションの黒グロスは現在ラストスパートで積極的に使ってます。

マークジェイコブスグロスは3年以上経ってるかもー。でもこの質感と色が大っ好きなんです。

ってこんなに全部好きなのにぃー!!経年という厳然たる事実が私たちを容赦なく引き裂く…。

はぁーコスメの成仏と共に執着を成仏させねば。この先何度も訪れる試練なのだし。すっごく気に入ってるならまた買っちゃえよヘイヘイヘーイって話ですからね。

とりあえず滝に打たれるしかない。またこのオチにて失礼。

 

 

 

 

 

判断に困っているコスメ

昨日のシンゴジ見てくれました?ランドウの防災服似合ってたでしょ。

今日はシンゴジを生み出した牧教授同様に敵なのか味方なのか中立なのか判断できかねて困っているコスメを紹介します。もうちょっと色々な使い方をしてみるので正式なレビューではありません。

なんと!!この2つ!!

f:id:hitsucos:20171113155410j:image

絶対に私が間違ってる。

私の肌と唇がアウトローすぎるんだとは思います。その上でちょっと感じたことを。

まずクレド様のUV様なんですけども、いいんです!!全然いいんです!!

まるで保湿クリームそのもの。SPF50でここまで日焼け止めさを一切感じさせないのは本当にすごい。あんたが世界一といったところ。

ただね、故に、クレドの保湿クリームラインがそもそも肌に合うかどうかっていうことが肝心だと思われます。

で、私の肌はたぶんそこまで合わないんだなぁ。。。3万円ファンデの時も同じように感じた部分なんですけど、ちょっと肌が一日の後半生き生きとしてない様子が見受けられるんです。

何回も書いてることなんですけど、私の肌の特性として、乳液やクリームがとにかくダメなんですね。赤黒くなるし透明感が消えるし結果肌がかえって汚くなります。

私の肌の場合、油分を与えると保湿より酸化が上回っちゃうんですかねぇ。

限りなく保湿クリームに近いことから(そこが評判の良いポイントなのに!)、哀しいかな現時点そこまでこのUVにはハマれてないわけです。

ただこういう肌質の人の方が少ないでしょうし、クレドのスキンケアラインや油分が合う人にとってはすっっごく良い日焼け止めだろうなと思います。

そういえば以前に「同じ肌質です!」という方からコメントをいただいたことがありまして、その方もどんなに高い良さげなクリームでも合わないそうです。しかも私同様ドゥラメールだけは大丈夫だったそうです。ドゥラメールすごすぎ。

 

次にフェンティービューテイーのGLOSS BOMB(グロスボム)なんですが、もう見るからに素晴らしそう。素晴らしいと評判です。

なんだけど…めっちゃ普通ー!!!

いつ何時でも失敗しない色と質感ではあると思います。ゴールドパールがどんな口紅に重ねても合いそうだし。ストロベリーの香りもいいです。でもなんなんだろう…この普通感。てか、普通じゃないグロスってなんだろう…どこで私はそう判断してるのか。分からない。いきなり気に入り始める感じもあるのでひとまず保留で。