棺にコスメ

生きてる限りメイクする

【エクストリームヘアケア】超剛毛が風になびくまでの道【アウトバス編】

間が空いてしまってすみません。

超剛毛のエクストリームヘアケア、アウトバス編ーー!!

最終章。

f:id:hitsucos:20200609203142j:plain

左から

★Dr.ウィラード・ウォーター ヘアウォーター  2,750 円(税込)

★ヘアタイムセス 3D Plusスカルプエッセンス

★デュアルビーザハイブリッドオイル 4,290円(税込)

「髪の出で立ちを構築する」ものは、シャントリが5割、ギアが5割と書きましたが、ではアウトバスの割合はどうかというと、2割です。

つまり120%戸愚呂になるのにアウトバスは必要ということ。

でも同時にあくまでアウトバスの力は20%ということ。

100%戸愚呂はシャントリとギアで構築されていますので、シャントリとアウトバスでは100%いかないし、ギアとアウトバスだけでも100%はいかないです。

私の場合はですけどね。

で、超剛毛くせ有りツヤ無しの私が強調したいのは、そもそも20%いくアウトバス自体がめーーーっちゃ少なかったってことです。

少ないっつうか無かったに等しい。

まー私はなんせ肌が弱いので、首や顔が痒くならないものという面倒くさい条件がまず第一にあるんですけど、その難所をくぐり抜けるものとなると本当に数少なくなります。

その上で、有名どころからマニアックなものまで色々買って使っては、これは何のためになっているんだろう?って毎回無表情になってました。

全然キレイじゃない。どう見てもキレイじゃない。

こういうしっとりじゃないんだ。欲しいのは。

硬いまましっとりっていうか、ごわごわしたまましっとりっていうか。

え、これしっとりなのか?これをツヤと言っていいのか?

いや、よくない。

すんごい雑。

しっとりの種類とツヤの種類がめっちゃくちゃチープなんだが(使用しているプロダクトは高い)

これで効果が出てる認定されては困る。

伸び代少なすぎて泣いちゃうなぁ、とぶつくさぶつくさ思いながら何年も過ごしていたんですが、ある時ですよ。

新しく通い始めた美容室の美容師さんに言われたのです。

「ヒツコスさんの髪はヘアオイルを使わない方がいいかもですね」と。

雷に打たれたような衝撃…!

ちょっとその話詳しく聞かせてほしい。

食い気味に「やっぱりそうですか?」と返すと、髪の毛束を手にとってしげしげと見つめながら「硬くなりませんか?柔らかくなります?」と聞かれました。

「てんでなりません。つけない方がマシなんです」と答えると、「ですよね。ヒツコスさんだけじゃなくて、僕のお客さんにはもうケアとしてはオイルはあまり使わないっすね。硬くなっている人多いんで」みたいなことをおっしゃっていました。

ごめん、あとの細かいことは忘れた!

でもとにかくスッキリしたぁー!

肌だけじゃなくて、髪までオイルNGなんだ、私。

わーいわーい!

これからは無駄金使わなくてすむぞーい。首や顔が痒くなることもなくなるし。

るんるんでヘアオイル(ミルクも)に見切りをつけた私。

そんな私に救いの手を差し伸べてくれたのは

やっぱりウィラードでした。

ウィラードお家芸の「なぜだか調子が良くなる」は髪にもキメてくれました。

ドライヤーをかける前にぶっしゃーと頭皮と髪に吹きかけてから乾かすと、なぜだか髪がサラッとするっとする。控えめな効果だけど雑じゃないしチープじゃない。

小さな一歩だけど確実に前進している。

使ったり使わなかったりしていた時もあったんですけど、昨年の後半はとにかく髪にお金と手間をかけてキレイな髪まで持っていくことが目標だったので、毎日ちゃんと使うことにしたら、やっぱり違う!

原液を薄めた手作りのウィラードウォーターを髪に使っていたら、サラサラになって縮毛矯正かけなくて良くなったという体験談をいただいたことがありますよー。

私は残念ながらそこまではいかなかったけど、謎に扱いやすくなるのは事実。

ヘアオイルやミルクで合うものがない人は、ウォーターというジャンルにぜひチャンレンジしてみてほしいです。もちろん頭皮の状態も良くなるし。

www.willard.co.jp

長くなったのでしぶとく次回に続きます。

ところで、アウトバスって皆さんは平均何種類ぐらい使ってるものなんだろうねー。

それではまた。

ダ・ヴィンチニュースさんで連載中。

ddnavi.com

 

 

 

 

 

 

 

【宇多丸ファブリーズ】令和一上品な問題提起と答えを見た【プリーズ】

ご存知の方はご存知、私はライムスターの宇多丸さんが好きなんですけども、何が好きって脳が好きで。

www.rhymester.jp

その脳くれ!って常々思っています。

『女子部JAPAN』というメディアで宇多丸さんがお悩みに答えるコンテンツがありまして、おもろいのでいつか勝手にご紹介したいなと思っていたんです。

そんな中、今回のお悩みと答えはあまりに素晴らしすぎて、1メディアの1コンテンツの1連載としてぽろっとあっていいもんじゃないと強く思いましたので、ぜひ読んでいただきたいです。

「令和」ってメディアを飾っていいでしょ、これ。

『なぜ女子部のお悩み相談を男性が担当しているの? これは性別権力に起因する構造なのでは?』という相談。相談というより問題提起ですよね。

www.iphonejoshibu.com

結論から言った通り、私自身は宇多丸さんの脳が好きなので、そりゃあお悩みを相談するなら宇多丸さんがいいんですよ。

ちょっと脳を拝借ってなもんで。

私的には、矛盾なく、超ベストキャスティングゥー!なんです。

でも、今回の相談者さんのような考えをもっている方が、このような問題提起をすることにもこれまた矛盾を感じなかったんです。

更にいうと、「女性は男性に頼る」(相談文の言葉を借ります)ことに関して、私は相談者さんとはスタンスが違います。

相談者さん、宇多丸さん、私という3人の人間の中で、私が一番鈍感なことは間違いないです。

それでも、この文章を読んだ時に、「この問題はぜひテーブルにあげて欲しい」と思ったし「私も改めて考えたい」と思ったんですよね。

「議論で勝ちたい」とか「自分が正す」とか「いっちょかましたろ」とかじゃなく、本当に「一緒に考えたい」という姿勢があると、こんな上品な問題提起の仕方になるんだなぁと、まずそこがめちゃくちゃ勉強になりました。

だからこそ、宇多丸さんの受け止め方とアンサーがいつもの見事に輪をかけて見事。

令和にファブリーズのごとく振りまきたいわ。

宇多丸脳を浴びたい人はこちらの記事も最高なのでオススメ。

telling.asahi.com

あ、私は性差の権力問題などについて何かを主張したかったわけではなく、「問題提起の姿勢と答え方の姿勢」に感銘を受けたというお話なのであしからずです。

性差で主張したいのはこの件ぐらい。

www.hitsugicosme.com

今またYahooレビュー見てみたら相変わらず評価激低い!

納得いかんわー。

宇多丸さんのお悩み相談室にお便り送ろうかな。

もちろんライムスターの音楽も好きです!

勇気出して2年に1回ぐらいライブに行ってます。

www.youtube.com

私のワークアウトする時のBGMはライムスター。※トレーナーがかけてくれるの

それではまた。

 

【ダ・ヴィンチニュース】もじり足らずのアベンジャーズだけど【第⑧更新】

すみません、ものっっそい寝てました。。。

今回のダ・ヴィンチニュースの連載は下地について!

ddnavi.com

 

皮脂酸化関連のデイリートラブルは、抗酸化がFAよ。

f:id:hitsucos:20200626221056j:image

夏がくるとAPPSとフラーレンの偉大さを実感する。

ここ何年か夏の肌疲れを本当に最小限に抑えられていると思う。

ま、私はヒノコCが好きなのよ。大好きなのよ。

ローションパックを夜にすると1日の酸化疲れがバッサーーーとリセットされてたまらんのだけど、夏は朝にするのがよい。

メイクノリと肌の透明感のもちがマジで違う。

下地はやっぱりビューティーモールのフラーレンUVですね。

夏に本領発揮するよ!

www.hitsugicosme.com

紫外線散乱材が合わない人は、お手持ちの日焼け止めにトゥベールのフラーレンを1滴2滴、足して使ってみてほしい。

持久力のあるハルクに変身するから!

www.hitsugicosme.com

ついでになぜか密着感が増すという声高し。

エチュードハウスのプライマーは結構満点から始まり、結局満点で今に至る。

www.hitsugicosme.com

アーバンディケイのプライマーがFAなんですけど、エチュードはベストです。

てか、今も写真全然うまくないけど、2017年はヘタすぎて見ちゃおれん。

エテュセのマスカラ下地は、リニューアルしてアイエディション (マスカラベース)になりましたが、私が今持っているのは旧のもの。

www.hitsugicosme.com

これ本当すごいですよねー。

ずっと天才。

 

図らずも、とりんさんが連載を始められて今日が記念すべき一回目だったんですけど、そこで同じくエテュセのマスカラ下地を神コスメに選んでます!

oune.info

まさにまつげアベンジャーズよ。

もっとアベンジャーズでもじりたかった。

でも、シュシュさんが描いてくれたイラストの顔の角度はアベンジャーズオマージュです。

それではまた。